神奈川県剣道道場連盟規約

昭和47年6月27日 制定 施行
平成20年5月25日 改定 施行

章  総   則

第1条   本連盟は、神奈川県剣道道場連盟と称する。
第2条   本連盟の本部は、事務局内に置く。

章   目的及び事業

第3条   本連盟は、我が国の文化遺産である剣道を永く伝えてきた剣道道場の伝統と美風を守り、広く武道精神を涵養し、
      正しい現代的剣道を普及して、青少年の健全なる育成に寄与することを目的とする。

第4条   本連盟は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
       1.剣道大会、講演会

       2.指導に関する研修会

       3.剣道並びに古武道に関する調査研究

       4.会員相互の親睦並びに情報の交換
       5.関係団体との連絡並びに協力

       6.その他、本連盟の目的達成に必要と認めた事項

章  加盟道場

第5条   本連盟は、神奈川県下において剣道の指導をする道場を以て組織する。
      本連盟に加入する者は、本連盟会員2名以上の推薦を要し、常任理事会の承認を要する。
第6条   承認された道場は、別に定める諸条件を具備した道場主の申請に基づき、総会の議決により神奈川県剣道道場連盟の公認道場とする。
      公認道場は、本連盟の標識等により公認の標示をすることができる。
第7条   本連盟の脱退については、常任理事会の承認を要する。
第8条   加盟道場は本連盟の定める諸規定に従い、剣道の普及発展に協力するものとする。
第9条   加盟道場は別に定める諸規定により、毎年の年会費を納付しなければならない。
第10条  加盟道場は、次の権利をもつものとする。
       1.本連盟の主催する大会、研修会、講演会等に参加することができる。
       2.指導員または講師の派遣を要請することができる。


第11条
  加盟道場がその義務に違反したとき、または本連盟の名誉を傷つけ、その目的に反する行為があったときは、
      常任理事会に諮って除名することがある。


章  役員及び名誉役員

第12条  本連盟に次の役員を置く。
1.名誉会長 1 名   7.副理事長 1 名
2.顧問   若干名   8.常任理事 若干名
3.相談役  若干名   9.理事   若干名
4.会長   1 名  10.事務局長 1 名
5.副会長  若干名  11.監事   2 名
6.理事長  1 名  12.会計   2 名

第13条  本連盟の役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。役員の任務が終わった際、前任役員は後任役員の就任まで
      その職務を行うものとする。
補欠役員の任期は、前任者の残務期間とする。
第14条  会長、副会長及び監事は、総会において選任する。 理事は会長が指名する。理事長、副理事長、常任理事、会計は理事の互選による。
第15条  会長は本連盟を代表し、会務を統理する。副会長は会長を補佐し、 会長事故あるときはその職務を代行する。
      理事長は、理事会を代表して副理事長及び常任理事とともに会務の企画、立案及び執行にあたる。
      理事は、理事会を構成してその任にあたる。監事は、本連盟の会計その他の会務を監査する。
      事務局長は、常任理事会において理事の中から選任し、本連盟の事務を掌握する。

第16条  本連盟に名誉会長1名、顧問及び相談役若干名を置くことができる。
      顧問及び相談役は、常任理事会の議決を経て、会長がこれを委嘱する。
      顧問及び相談役は、会長の諮問に応じて本連盟の各種会議に出席し、意見を述べることができる。ただし、表決には加わらない。

章  機関

第17条  本連盟の総会は、定時総会と臨時総会とする。 定時総会は、毎年1回、会長がこれを招集する。
      臨時総会は、会長が必要と認めたとき、または会員の3分の1以上の同意により要求があったときに、会長がこれを招集する。
      総会の議長は、会長が行う。
第18条  次の事項は、総会の議決によってなすものとする。
       1.規約の変更
       2.その他、総会の議決を経るものと定められた事項

第19条
  次の事項は、総会の承認を経なければならない。
       1.事業の計画及び報告
       2.収支の予算及び決算
       3.その他、総会の承認を経るものと定められた事項

第20条  総会は、3分の2以上の会員が出席し、その議事は出席会員の過半数によって決する。
      賛否同数のときは、議長が決するところによる。
第21条  理事会及び常任委員会は、必要に応じて会長がこれを招集し、会長が議長となる。

章  会計

第22条  本連盟の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第23条  本連盟の経費は、次に示す収入により支弁する。
       1.会費
       2.寄附金
       3.その他の収入

第24条  本連盟の予算は、毎会計年度開始前、常任理事会がこれを編成して、総会の承認を得るものとする。
      決算は、毎会計年度終了後、常任理事会が監事の監査を経て総会に提出し、その承認を得るものとする。

附則

1.この規約は、昭和47年6月27日に制定、施行する。
2.この規約は、平成20年5月25日に改定、施行する。
3.この規約の施行について、必要な事項は常任委員会が別に定める。

別に定める条件

1.道場主は、社会教育者としての円満なる人格を備え、規約第3条の目的をよく理解した者。
2.指導者は、剣道五段以上の資格を有し、神奈川県剣道道場連盟及び神奈川県剣道連盟またはこれに準じる指導者養成講習会等に参加し、
   指導能力を備えた指導者2名以上を有すること。
3.施設は、道場が安全で衛生的であり、かつ効率的指導のできる床の広さを有すること。

TOPへ戻る
Copyright(C)2014- Kanagawa Kendo Dojo Federation All Rights Reserved

inserted by FC2 system